外国人児童生徒が卒級式 小山の「適応教室」 - sdf84さんの日記

sdf84さんの日記

外国人児童生徒が卒級式 小山の「適応教室」
前の日記 次の日記
投稿日:2016年12月23日 17:48    カテゴリー: 未分類




 日本語が分からない外国人の子どもに、集中的に日本語や生活習慣を教える小山市の外国人児童生徒適応指導教室「かけはし」で二十二日、卒業式に当たる「卒級式」が開かれ、新たに小学五年〜中学二年の計六人が巣立った。二〇〇八年四月の開設以来、卒級生はこの日で二百一人になった。児童らは「かけはしは楽しかった。これからも勉強を頑張ります」と笑顔であいさつした。
五夜神
 市教育委員会によると、言語だけでなく文化習慣の違いを指導し、模擬的に学校生活を体験させる施設としては東日本で初めて開設された。

 専用教室が入る建物は市立小山城東小学校の敷地内にある。小中学生を無償で受け入れ、通学は最長六カ月。専任教員とバイリンガルの非常勤職員の計六人、ボランティアの大学生らが教える。これまで十六カ国の子どもが在籍し、城東小学校の行事にも参加して日本人児童と交流。卒級後はそれぞれ自宅がある地元の小中学校に通っている。
速硬100持久丸
 今回卒級したフィリピン出身のミシアス・ステファン君(11)は「漢字の勉強は大変だった。でも友だちができてうれしかった」。母のミッシェルさん(36)も「ここで日本語を勉強し、日本文化を学び、学校生活にも慣れた。感謝している」とほほ笑んだ。
蔵秘雄精
 約百人教えてきた専任教員の山本一弘さん(45)は「個人差があり、同時に二十九人いたこともある。大変な面はあるが、表情が明るくなり、間違いを恐れずに質問するようになる様子を見るのはうれしい」と話す。高校に入った卒級生が訪ねてきてくれることもあるという。 


コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
12月のカレンダー
«前の月次の月»
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー
未分類(41)

アクセス数
12557 / 日記全体

最近の日記
コストコ行って来ました
珍しいガールフレンドと
経営者
外国人児童生徒が卒級式 小山の「適応教室」
自分が傷つくことには慣れている
メガネ
旦那様は単身赴任中
もっと読む

最近のコメント
RE: 出会いに言い訳はいっら〜ん sdf84[10/07 19:01]
RE: 栄養補給 sdf84[10/07 19:01]
RE: ゲスキラー、センテンス・スプリン sdf84[10/07 19:00]
コメント一覧へ

各月の日記
2017年3月の一覧
2017年2月の一覧
2017年1月の一覧
2016年12月の一覧
2016年11月の一覧
2016年10月の一覧
2016年9月の一覧
2016年8月の一覧
2016年7月の一覧
2016年6月の一覧
2016年5月の一覧
2016年4月の一覧
2016年3月の一覧
2016年2月の一覧
2016年1月の一覧
2015年12月の一覧
2015年11月の一覧
2015年10月の一覧
2015年9月の一覧
2015年8月の一覧
2015年7月の一覧
2015年6月の一覧
2015年5月の一覧
2015年4月の一覧
2015年3月の一覧
2015年2月の一覧
2015年1月の一覧
2014年12月の一覧
2014年11月の一覧

この日記を購読
sdf84さんの日記

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

サイト

美女Linux



スポンサーサイト