16.「su」と「su -」の違い

HOME  >  お勉強コンテンツ  >  Linuxを勉強しよう!!  >  Linux基礎  >  16.「su」と「su -」の違い
トップ (メニュー)  >  Linuxを勉強しよう!!  >  Linux基礎  >  16.「su」と「su -」の違い


一般ユーザー(user)からrootユーザーへ昇格させる場合、 2通りの方法があります。

まず1つ目・・・

[user@test user]$ su
Password: "root"のパスワードを入力
[root@test user]#


この場合は、ホームディレクトリがuserのままで、 userの環境(シェル、環境変数など)
を引き継ぎます。

2つ目・・・

[user@test user]$ su -
Password: "root"のパスワードを入力
[root@test root]#


この場合は、ホームディレクトリが/rootになり、 rootの環境を使用することになります。
プリンタ用画面
友達に伝える

前
15.絶対パスと相対パス
カテゴリートップ
Linux基礎
次
17.一般ユーザーがroot権限でコマンドを実行したい場合 その1

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

サイト

美女Linux



スポンサーサイト