51.ファイル、ディレクトリのアクセス権について

HOME  >  お勉強コンテンツ  >  Linuxを勉強しよう!!  >  Linux基礎  >  51.ファイル、ディレクトリのアクセス権について
トップ (メニュー)  >  Linuxを勉強しよう!!  >  Linux基礎  >  51.ファイル、ディレクトリのアクセス権について


前回はchownコマンドを使用して、所有者、所有グループを
変更しましたね。今回は、アクセス権についてです。

# ls -l
-rw-rw-r-- 1 root root 162 2月 15 16:12 test

[-rw-rw-r--]部分がアクセス権になります。
ファイルやディレクトリを作成すると、必ずアクセス権
も設定されます。

閲覧されたくないファイルや移動されたくないディレクトリ
などがある場合、このアクセス権を変更することで対応可能
になります。

では、ファイル、ディレクトリ作成時にデフォルトで設定される
アクセス権はどのように決められているのでしょうか?

次回へつづく・・・
プリンタ用画面
友達に伝える

前
50.所有者、所有グループを同時変更
カテゴリートップ
Linux基礎
次
52.ファイル、ディレクトリのパーミッション変更 その1

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

サイト

美女Linux



スポンサーサイト