1.3 BIOSの基本設定(DMAについて)

HOME  >  お勉強コンテンツ  >  LPIC対策講座  >  LPICレベル1対策講座  >  レベル1(101)  >  1.システムアーキテクチャ  >  1.3 BIOSの基本設定(DMAについて)
トップ (メニュー)  >  LPIC対策講座  >  LPICレベル1対策講座  >  レベル1(101)  >  1.システムアーキテクチャ  >  1.3 BIOSの基本設定(DMAについて)
今回は、DMAについての説明です。


DMAとは、CPUを使わずに、デバイスとメインメモリとの間で高速なデータ転送
を行うために使われるのがDMAと呼ばれています。

各種の装置やメモリがCPUを介することなくデータ転送を行うDMA転送は、
CPUに負荷がかからず、高速にかつ大量のデータを転送できます。


CPUが他の処理を実行中でも、ハードディスクなどとメモリとのデータの
やり取りをDMAコントローラが制御するため、CPUの負荷が少なくなり、
処理速度が向上します。


DMAの割り当ては「/proc/dma」を確認できます。


# cat /proc/dma
4: cascade


cascadeとは??


cascadeは、DMAコントローラ同士を接続していることを意味します。
試験対策では、ここまで覚えておけばOKです。

余裕があれば以下も参考にしてください。


パソコンでは4チャネルを持つDMAコントローラを2つ接続しています。
CPUには一つしか直接接続できないので、DMAコントローラが持っている
チャネルの一つをもう一つのDMAコントローラに接続して使ってます。


DMAコントローラ1(CPUに直接接続してるマスタコントローラ)
チャネル1: DMAを利用する機器に接続
チャネル2: DMAを利用する機器に接続
チャネル3: DMAを利用する機器に接続
チャネル4: もう一つのDMAコントローラ(スレーブコントローラ)に接続する←カスケード(cascade)と呼ぶ。

DMAコントローラ2(マスタコントローラを介してCPUに接続してるスレーブコントローラ)
チャネル1: DMAを利用する機器に接続
チャネル2: DMAを利用する機器に接続
チャネル3: DMAを利用する機器に接続
チャネル4: DMAを利用する機器に接続
プリンタ用画面
友達に伝える

前
1.2 BIOSの基本設定(I/Oポートアドレスについて)
カテゴリートップ
1.システムアーキテクチャ
次
1.4 SCSIについて

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

サイト

美女Linux



スポンサーサイト